たかの友梨 コラム「冬を健やかに乗り切る温めケアのススメ」

| たかの友梨BEAUTY CLINICはブライダルエステ・フェイシャル・小顔から痩身・ダイエットまでトータルエステを提供します。

美容家たかの友梨

たかの友梨 コラム

冬を健やかに乗り切る温めケアのススメ

Vol.44 2018.12

冬到来、冷えと乾燥にはくれぐれもご注意を。

師走に入り、すっかり冬らしくなってきました。気温が急激に下がり、空気も乾燥しがち。こうなってくると、風邪が心配になりますね。ところで、風邪は眠っている間に引きやすいというのをご存じですか?思い出してみてください。朝起きたら「喉の調子が…」「なんだか熱っぽい…」という経験をされたことがある方も多いのではないでしょうか?冬場の乾燥しきった部屋で眠るとまずは喉がやられ、そこからさまざまな症状へと発展していくことも…。仕事上、私は人前でお話をさせていただく機会が多いので、喉を痛めるわけにはいきません。ですから、加湿器や保湿性の高いマスクで十分な湿度を保つよう心掛けています。
それから、もうひとつの大きな原因が冷え。睡眠中はたっぷり汗をかきますから、体を冷やしてしまうことがあります。風邪の予防といえばマスクやうがい、手洗いが欠かせませんが、実は、おやすみ前の冷え防止対策もとても大切なことなのです。

効率的な温めケアとは。

睡眠中に体を冷やさないための大切なポイントは、お風呂上りです。そう、「湯冷め」という言葉を聞きますよね。“二次発汗”といってお風呂上りは発汗している状態なので、タオルやローブで身を包み、汗をしっかり出し切ります。すぐにパジャマを着る場合は、吸湿性にすぐれたものを。汗を出し切る前に吸湿性の低い衣類を着て布団に入ってしまうと、眠っている間に体が冷え、これが風邪の原因となってしまうのです。

冷えは風邪だけでなくさまざまな不調を招きます。健康を維持するうえで理想的とされる体温は、36.5度から37度。体温が1度下がると免疫力が30%低下するともいわれ、それだけ体を温かくしておくことは大切なのです。体を温めるときは、血液のUターンゾーンといわれる足元を。ゾクゾクするときは「風邪のツボ」と呼ばれる“風門”がある首のつけねあたりにカイロを貼ると効率的に全身を温めてくれます。それから、お風呂そのものも大事。炭酸泉タブレットのような温浴効果をサポートする入浴剤などを使うと、体の芯から温まります。手軽な方法として、生姜紅茶を飲むのもよいでしょう。生姜湯だけでもポカポカしてきますが、ポリフェノールが含まれる紅茶は美肌づくりにもおすすめです。飲み物で中から温めるというのは、基本中の基本。ちなみに、漢方の考えが根付いている中国では、冷たい飲み物を避ける習慣があるとか。体を冷やしてはいけないということを、心得ているのですね。

さて、気づけば今年もあとひと月ほどとなりました。年末には、旅行やイベントを控えている方も多いと思います。温めケアで健やかさをキープし、なにかと慌ただしい年の瀬も楽しくイキイキと過ごしたいですね。

  1. Vol.44 「冬を健やかに乗り切る温めケアのススメ」
  2. Vol.43 「感謝の気持ちをより良い商品に…。エステティシャンコスメへの想い」
  3. Vol.42 「日本中の女性を“たかの肌”に…
    これまでにない大人のための新コースが大好評です」
  4. Vol.41 「体と対話し、自分自身の“弱点”を知りましょう」
  5. Vol.40 「“たかの友梨”がおすすめする、心と体が喜ぶ美習慣」
  6. Vol.39 「夏に向け、正しく美しいダイエットを」
  7. Vol.38 「世界の子どもたちと支援活動への想い」
  8. Vol.37 「春は始まりの季節「3つの法則」で感じの良い人に」
  9. Vol.36 「シンデレラの3ヵ月の挑戦と“たかの友梨”の新たな試み
    輝く未来の扉を開くために…」
  10. Vol.35 「“たかの友梨”初導入のすっごい二大マシン2018年ついに始動いたします」
  11. Vol.34 「一世風靡したあの有名女優がシンデレラ大会に挑戦中!」
  12. Vol.33 「1年365日。1日も欠かすことなく“たかの友梨”のお手入れをお届けするために…」
  13. Vol.32 「今年は『ダイエットの秋』を楽しんでみませんか?」
  14. Vol.31 「創業40周年への想い」
  15. Vol.30 「いくつになってもファーストな体験を…。私、女優デビューいたしました。」
  16. Vol.29 「『内面を磨き、新しい自分へ…』
    新CMの美しい世界観にのせてメッセージをお届けします。」
  17. Vol.28 「髪はオンナの命。いつまでも美しく保ちたいですね。」
  18. Vol.27 「TAKANO YURI美肌の定義『引き算の美学』を極めた新コースが誕生。エステで、いつまでも美しく健やかに…」
  19. Vol.26 「エステティシャンの地位向上をめざして…」
  20. Vol.25 「30名で、平均-12Kgものダイエットに成功!スリムな体だけでなく、美しい心と明るい未来も手に入れたシンデレラたち…」
    ※第26回 たかの友梨エステティックシンデレラ大会 2017 最終選考会出場者
  21. Vol.24 「2017年、ふたつの輝かしいフェイシャル。
    TAKANOの進化をご体験ください。」
  22. Vol.23 「私が惚れ込んだエステ…。
    韓国の『ストーン&ソルトマッサージ』」
  23. Vol.22 「アスリート、セレブの間で流行中!
    いま、世界中で注目を集める『カッピング』とは」
  24. Vol.21 「夏本番を目の前に、ボディの準備はいかがでしょうか。」
  25. Vol.20 「薄着の季節の前に、背中のお手入れはできていますか?」
  26. Vol.19 「偉大なる『母』に想いを寄せて…―5月8日は、母の日―」
  27. Vol.18 「伝統的なものからユニークなものまで。ワクワクする世界の美容法。」
  28. Vol.17 「エステが変わる【未来フェイシャル】新CM発表に寄せて」
  29. Vol.16 「新しい年の幕開けにふさわしい“未来フェイシャル”が
    いよいよ始動いたします。」
  30. Vol.15 「ますます世界に視野を広げ、女性の声に応える美容技術を
    お届けしてまいります。」
  31. Vol.14 「会長就任への想い。」
  32. Vol.13 「“たかの友梨”は、40年近い歳月にわたり
    『肩甲骨』に着目してまいりました。」
  33. Vol.12 「心と技を競う『セラピストコンテスト』
    これからも心あるエステティックをめざして…」
  34. Vol.11 「年齢を重ねるごとに健康で美しく…。
    大人の女性の輝く毎日をこれからも応援してまいります。」
  35. Vol.10 「世界の子どもたちの輝く笑顔を祈って」
  36. Vol.09 「たかの友梨CUP 第37回平尾昌晃チャリティゴルフ」
  37. Vol.08 「エステティックで女性の『健康寿命』を応援していきたい。」
  38. Vol.07 「『義理、人情、挨拶』を欠かさずに。」
  39. Vol.06 「2014年、エステティシャンコスメ『エステファクト』誕生」
  40. Vol.05 「たかの友梨CUP第36回平尾昌晃チャリティゴルフ」
  41. Vol.04 「新キャラクター矢沢洋子さん」
  42. Vol.03 「新コース、リラックスフェイシャルが誕生」
  43. Vol.02 「桜庵トリートメント&スパホテルへの想い」
  44. Vol.01 「お客様の気持ちがわかる理由」

簡単サロン検索

Top > オープンサロン

Top > 栃木

Top > 東北地方

Top > 北陸地方

Top > 四国地方

LINEアカウントオープン! たかの友梨 コラム たかの友梨美容専門学校 日帰り温浴 桜庵 コラーゲンマシン たかの友梨ヘッドスパ リボーテ

●更新情報

更新情報

●オープンサロン情報

オープンサロン情報

●会社情報

会社情報

  • Takano Yuriの理念
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 社会貢献活動
注意

お客様満足度UPのため5つのお約束

  • 40年以上の実績“たかの品質”を向上させるために!
  • ご体験の際、提示の料金以外は一切いただきません!
  • しつこい勧誘・販売は一切いたしません!
  • 安心の返金システムをご用意しています!
  • 肌に直接触れるものは常に清潔です!