たかの友梨 コラム「1年365日。1日も欠かすことなく“たかの友梨”のお手入れをお届けするために…」

| たかの友梨BEAUTY CLINICはブライダルエステ・フェイシャル・小顔から痩身・ダイエットまでトータルエステを提供します。

美容家たかの友梨

たかの友梨 コラム

1年365日。1日も欠かすことなく“たかの友梨”のお手入れをお届けするために…

Vol.33 2017.11

驚くほどの大反響、エッセンスパウダー

昨年夏の発売以来、エッセンスパウダーが大変ご好評いただいております。先日出演させていただきました某通販番組でも、レフィルとセットでなんと27,000セットもご紹介させていただきました。番組が始まるまでは、正直、気前よく用意しすぎたかしら…と思っていたのですが、いざ蓋を開けてみてびっくり。当初の放送予定時間の半分で、ご用意数が完売となってしまったのです。しかし、放送時間はまだまだ残っていますからさぁ大変。念の為にご用意していたラインナップをご紹介することで、なんとか放送事故を免れました。こんなにも沢山の方に“たかの友梨”コスメをご愛用いただいていることを改めて実感し、胸が熱くなる想いでした。

ご存じの方も多いと思いますが、エッセンスパウダーの前身は、27年前に発売し大ロングセラーとなった「トランスパランス」です。“トラパラ”の愛称で親しまれ、プロのメイクさんや美容家さんなど、美のプロと言われる方々にもご愛用いただいておりました。その“トラパラ”に、植物の幹細胞由来成分をプラスし、満を持して誕生したのがエッセンスパウダーです。美容液をそのままパウダーにしたようなものですから、就寝時にもお使いいただけるということで『寝化粧』をコンセプトに掲げたところ、某辛口美容ライターさんの目に留まり大絶賛。さらには、有名コラムニストの山田美保子さんも筋金入りの“トラパラ”ファンだったようで、ご自身が連載されている週刊雑誌のコラムにて、エッセンスパウダーをご紹介くださいました。そのようなことも相まって話題が話題を呼び、たった1年で愛される名品へと成長したのです。

後世まで残る“名品”をめざして…

手前味噌ではありますが、どうしてこんなにもご支持いただけるのか…我ながら今一度考えました。やはり「良いものは良い」とお客様も感じているからではないでしょうか。ではなぜ、その「良いもの」を作れるのか…。そこには、揺るぎない想いがあるからです。
“たかの友梨”では、美しいお肌を保っていただくための「お手入れ」をご提供しております。しかし、月に2回サロンへお通いいただいても、1年のうち残りの341日は、ご自身でのお手入れとなります。その341日もエステ品質の「お手入れ」を続けていただきたい…。“たかの友梨”のコスメはそんな想いから生まれています。
そして何よりそれらを底上げしているのが、40年という膨大なエステティックの実績。このように、確かな土台と強い想いがあることこそ、愛される理由ではないでしょうか。製品に自身の名を冠しているのは「たかの友梨が365日責任を持ってお手入れいたします」という隠れメッセージでもあるんですよ。

ちなみに、製品名に自身の名を取り入れたのは、エリザベス・アーデンが初めです。ニューヨークの五番街でひときわ目を惹く、真っ赤なドアの「レッド・ドア・サロン」には私も実際に訪れました。本人が亡くなって50年以上経った今でも、女性たちがひっきりなしにその真っ赤なドアを開けて中に入り、そして笑顔で出てくる光景を見た時は、ただただ心が打たれました。©ricochet64 / Shutterstock.com

ヘレナ・ルビンスタインも化粧品の歴史を語る上で欠かせない人物です。彼女は70歳を過ぎてから、戦争で住まいもサロンも失いました。年齢を考えればそこで心が折れてしまうところ、彼女はもう一度ゼロからスタートし財を成すのです。女性は70歳からが本当に花の咲く時なのではないかと私は思っているのですが、まさしくそのことを証明するあっぱれな人生ですね。
私もあと3ヵ月で70歳。これからが花咲く時、世界に羽ばたく時です。まだヨチヨチ歩きではありますが、“たかの友梨”コスメは着実にお客様に受け入れていただいております。ここから世界へ飛躍し、そして先述した2つのブランドのように、100年、200年と愛され続ける名品となることを、必ずやお約束したいと思います。©Sorbis / Shutterstock.com

  1. Vol.38 「世界の子どもたちと支援活動への想い」
  2. Vol.37 「春は始まりの季節「3つの法則」で感じの良い人に」
  3. Vol.36 「シンデレラの3ヵ月の挑戦と“たかの友梨”の新たな試み
    輝く未来の扉を開くために…」
  4. Vol.35 「“たかの友梨”初導入のすっごい二大マシン2018年ついに始動いたします」
  5. Vol.34 「一世風靡したあの有名女優がシンデレラ大会に挑戦中!」
  6. Vol.33 「1年365日。1日も欠かすことなく“たかの友梨”のお手入れをお届けするために…」
  7. Vol.32 「今年は『ダイエットの秋』を楽しんでみませんか?」
  8. Vol.31 「創業40周年への想い」
  9. Vol.30 「いくつになってもファーストな体験を…。私、女優デビューいたしました。」
  10. Vol.29 「『内面を磨き、新しい自分へ…』
    新CMの美しい世界観にのせてメッセージをお届けします。」
  11. Vol.28 「髪はオンナの命。いつまでも美しく保ちたいですね。」
  12. Vol.27 「TAKANO YURI美肌の定義『引き算の美学』を極めた新コースが誕生。エステで、いつまでも美しく健やかに…」
  13. Vol.26 「エステティシャンの地位向上をめざして…」
  14. Vol.25 「30名で、平均-12Kgものダイエットに成功!スリムな体だけでなく、美しい心と明るい未来も手に入れたシンデレラたち…」
    ※第26回 たかの友梨エステティックシンデレラ大会 2017 最終選考会出場者
  15. Vol.24 「2017年、ふたつの輝かしいフェイシャル。
    TAKANOの進化をご体験ください。」
  16. Vol.23 「私が惚れ込んだエステ…。
    韓国の『ストーン&ソルトマッサージ』」
  17. Vol.22 「アスリート、セレブの間で流行中!
    いま、世界中で注目を集める『カッピング』とは」
  18. Vol.21 「夏本番を目の前に、ボディの準備はいかがでしょうか。」
  19. Vol.20 「薄着の季節の前に、背中のお手入れはできていますか?」
  20. Vol.19 「偉大なる『母』に想いを寄せて…―5月8日は、母の日―」
  21. Vol.18 「伝統的なものからユニークなものまで。ワクワクする世界の美容法。」
  22. Vol.17 「エステが変わる【未来フェイシャル】新CM発表に寄せて」
  23. Vol.16 「新しい年の幕開けにふさわしい“未来フェイシャル”が
    いよいよ始動いたします。」
  24. Vol.15 「ますます世界に視野を広げ、女性の声に応える美容技術を
    お届けしてまいります。」
  25. Vol.14 「会長就任への想い。」
  26. Vol.13 「“たかの友梨”は、40年近い歳月にわたり
    『肩甲骨』に着目してまいりました。」
  27. Vol.12 「心と技を競う『セラピストコンテスト』
    これからも心あるエステティックをめざして…」
  28. Vol.11 「年齢を重ねるごとに健康で美しく…。
    大人の女性の輝く毎日をこれからも応援してまいります。」
  29. Vol.10 「世界の子どもたちの輝く笑顔を祈って」
  30. Vol.09 「たかの友梨CUP 第37回平尾昌晃チャリティゴルフ」
  31. Vol.08 「エステティックで女性の『健康寿命』を応援していきたい。」
  32. Vol.07 「『義理、人情、挨拶』を欠かさずに。」
  33. Vol.06 「2014年、エステティシャンコスメ『エステファクト』誕生」
  34. Vol.05 「たかの友梨CUP第36回平尾昌晃チャリティゴルフ」
  35. Vol.04 「新キャラクター矢沢洋子さん」
  36. Vol.03 「新コース、リラックスフェイシャルが誕生」
  37. Vol.02 「桜庵トリートメント&スパホテルへの想い」
  38. Vol.01 「お客様の気持ちがわかる理由」

簡単サロン検索

Top > 栃木

Top > 東北地方

Top > 北陸地方

Top > 四国地方

LINEアカウントオープン! たかの友梨 コラム たかの友梨美容専門学校 日帰り温浴 桜庵 コラーゲンマシン たかの友梨ヘッドスパ リボーテ

●更新情報

更新情報

●オープンサロン情報

オープンサロン情報

●会社情報

会社情報

  • Takano Yuriの理念
  • 会社案内
  • 採用情報
  • 社会貢献活動
注意

お客様満足度UPのため5つのお約束

  • 約40年の実績“たかの品質”を向上させるために!
  • ご体験の際、提示の料金以外は一切いただきません!
  • しつこい勧誘・販売は一切いたしません!
  • 安心の返金システムをご用意しています!
  • 肌に直接触れるものは常に清潔です!